【ボーカリストが知っておくべき必要最低限の音楽理論とは??〜やさしく学ぶ楽典・オススメ図書〜】

先日、プロのギタリストを迎えて開催した
ジャズボーカル・オープンマイクセッション以降、

 

「最低限の音楽理論を学びたい!」

「転調した譜面を自分で作れるようになりたい!」

「コードについてもっと学びたい!」

 

などなど、
音楽について「もっと知りたい!学びたい!」
と感じてくださる方が増えていて、とても嬉しいです^^

ちなみに、先日は、
ギタリストの斎藤拓人氏を迎えて、

 

ギターとの演奏をより愉しむために
「ボーカリストが知っておくべきこと」
について学び・セッションしました^^

(次回の開催は2019年1月31日(木)を予定しています。)

 

楽典を学びたいけど、
今からでも大丈夫ですか??

とにかく、分かりやすい参考書ありませんか??

 

という声にお答えして、
いくつかオススメ書籍ご紹介しておきますので、
参考にしてみてくださいね^^

 

入門・初心者向け!
やさしく学べる音楽理論

大人の音楽ドリル 入門編 ポイント解説&問題 (ハギトリ式)

 

 

初心者〜中級者!
耳で確認しながら
楽しく楽譜が読めるようになりたい方へ

CD付き やさしくわかる楽譜の読み方
春畑セロリ (監修, 監修)

音符や記号の読み方といった基礎の基礎から、
コードやアレンジといったやや高度なことまで
これ一冊でカバーできます^^

 

付属のCDも付いていて、耳で確認しながら
学べるので初心者~中級者にオススメです。

なんといっても図解で見やすくわかりやすいです。

 

リズムをやさしく学びたい方へ

できる ゼロからはじめる楽譜&リズムの読み方 超入門 (CD付)

「初めてでも大丈夫??」
「昔、学校で習った記憶はあるのだけれど・・・」
という方にオススメ!

図解でやさしくリズムについて独学できます。

 

今回は「やさしく」にこだわって
いくつかご紹介してみました。

 

もちろん分からないことはレッスン内で
どんどん質問してくださいね^^

 

 

あなたのオススメ是非お聞かせいただけると
嬉しいです☆