「息切れで苦しい!」時は、まず「吐く」ことから☆

〜歌うカラダづくり〜
美調律ボイス主宰の平井あみです☆


この日はここから♡

英語で愉しむJAZZ&POPS〜♫


年内最期のレッスンin飯田橋は、
クリスマスソングの
オンパレードとなりました^^♫

この日、
レッスンで出た生徒さんの
お悩みの一つが

歌っていると

だんだん息苦しくなります。。。

息をしっかり吸えないまま

次のフレーズを歌っているせいかも??



実は「よくあるお悩み」
だったりします。

こんな風に感じた時は、

息を使い切ってから、
次のフレーズを歌う練習
をしてみてくださいね^^♫

息をしっかり吐けていますか?

「息をしっかり吐く」ことって
意外と難しかったります。


特に歌の場合は
リズムやフレーズの長さに合わせて
吸う速さや、吐く息の量を
コントロールしなければならないので、


ヨガの様に、
時間をかけてゆっくり吸う
事には、
慣れている方でも

「リズムのせて瞬時に吸う」
事には慣れていない事も。

息を使い切らないと、
次のブレスも中途半端になり、

だんだん息切れ(スタミナ切れ)
状態となってきて、
苦しくなってきてしまいます。
(力みも生じますよね^^;)


ボイトレでやっている
リズムに合わせた
「呼吸エクセサイズ」

オススメですので、
是非練習してみてくださいね☆

息を吐くことで
自律神経も整います♡


吐く息がしっかりしてくると、
副交感神経に切り替わりやすくなるので、

自律神経が整い、
リラックス効果も体感できますよ♡

『吐く息』
大切にしたいものです☆

メールマガジンのご登録はこちらから!
▼▼▼

「声の悩み」や音楽によるストレス解消法
胎教・育児・プライベート・仕事に役立つ
情報
を週1ベースでお伝えしています。

イベントやお役立ち最新情報を
いち早くお届け致しますので、
是非ご登録くださいね☆
(いつでも解除できます^^)