妊娠線を”絶対”つくりたくないなら○○○○すべし!!


妊娠すると気になる事の一つが

子供を産み母親になった勲章とも言われる「妊娠線」

妊娠線予防
私は身長153センチと小柄な体格のせいか、

「双子が入っているんじゃない??」
と周りから言われる程かなりお腹が大きくなりました。

 


お医者さんから体重制限の注意も受けていましたし、

一度できてしまった妊娠線を元に戻すのは大変!!
と聞いていたので
「妊娠線はつくるまい!」
とあれこれ試しました^^;

 

例えば・・・

・オイルやクリームによる保湿ケア
・お風呂に必ず浸かる
・適度なウォーキング

etc…

 

中でも、絶対に妊娠線を作りたくない!
と言う方にオススメするのが

【腹式呼吸】です。

腹式呼吸 妊婦

腹式呼吸を意識して日常的に行う事で、
「お腹周りの皮膚がゆっくり伸び馴染んで、
ある種のマッサージ効果を生むため、妊娠線を予防できる」
という訳です。

 

今回のお産で、私が妊娠線を予防出来たのも、
この「腹式呼吸」のお陰だと思っています。

 

ちなみに、私は腹式呼吸を含む発声練習を、
破水する日の前日までやっていました。

 

「腹式呼吸」は、隙間時間にこまめに行うことができるので
忙しい妊婦さんにもおすすめです♪

 

また、激しい動きではないですし、
複式呼吸によって内臓が動き、
基礎代謝もアップするので、
妊婦さんには持ってこいかと思います^^

 


<妊娠中でもできる複式呼吸>

  1. お腹をへこませながら口からゆっくり息を吐きます。
    お腹が空っぽになったら2へ
  2. お腹を膨らませながら鼻から大きく息を吸い、ぴたっと止めます。
  3. 1の動作へ戻り、この動作を10回程繰り返す。

お腹の上に手を当てて、息を吐いた時にお腹がへこみ、
息を吸った時にお腹が膨らむ感じを手で確認してみて下さい。

 

人間は寝ている時は誰もが「腹式呼吸」をしているので、
決して難しい動きではありません^^

 

カラダのチカラを抜いて深い呼吸を意識して
トライしてみてくださいね。

 

※お腹の張りを感じたり気分が悪くなったら、
すぐに動作を止め安静にしましょう!

 

この呼吸法はお産時にも必要となるので、
普段から練習しておくのをおススメします♪