【歌詞が衝撃的な美メロ曲「愛はかげろうのように」〜】

現在開催中の「英語で歌うジャズ&ポップス」

グループレッスン(飯田橋)にて☆
(11時〜の枠は現在満席となっています)

この日、「人生の一曲」として
ご紹介いただいたのはこちら!

 

I’ve Never Been To Me
-by CHARLENE

動画▶︎ https://youtu.be/wKeI9ENaPf4

 

1977年に米国ハリウッド出身の歌手
シャリーンによって発表された曲です♫

 

曲のリリースから5年後、
フロリダ州のラジオ番組でオンエアーされたのを機に、
人気が急上昇↑

 

アメリカのヒットチャートで3位、
イギリスやオーストラリアでは1位を獲得するなど
世界的に大ヒットした曲なのだとか☆

 

CMか何かで耳にし、
シャリーンの優しい声や、キレイなメロディが
印象に残り、好きになった曲です。

シャリーンと言えばこの曲を連想する程、
彼女の代表曲となっていると思います。

と、ご紹介いただきました☆

 

ちなみに、
この曲を一番最初に歌ったのは
ランディ・クロフォード

彼女のバージョンでもお楽しみください✨

 

Randy Crawford

動画▶︎ https://youtu.be/JRKQAnurce8

 

この曲で印象的なのが、
ソフトなメロディーラインとは裏腹の歌詞。

 

 

Hey lady, you, lady, cursin’ at your life
ねぇ、貴方、
人生に嫌気がさしているあなた・・・
 

で、曲が始まるのですが、

 

のっけからCursing(呪う)
という単語が出てくるので
「んん??」と惹きつけられますね。

 
 

(歌詞をじっくり読みたい方はこちら

 

簡単にまとめると、

 


快楽に溺れた人生のツケ
について歌っている曲なのでしょう。

 

イーグルスのDesperadoと
通づるところもあるような?!
I’ve been to paradise
but I’ve never been to me

 

パラダイスに行ったことはあるけれど、
私にとって至福な気分になったこと
はなかった・・・

 

など、
主人公が今でも孤独な理由や、

真実や愛がある場所とは?
について語っているラインも
非常に印象的でした。

 

美メロ曲のせいか、
結婚式で流してしまう人も多いみたいです。

お気をつけくださいね(笑)

 

 

メールマガジンのご登録はこちらから!
▼▼▼

 

「音楽のチカラ」を使った不安やストレスの解消法
胎教・育児・仕事・日々の生活に役立つ音楽情報
週1ベースでお伝えしています。

 

イベント情報やお役立ち最新情報を
いち早くお届け致しますので、
是非ご登録くださいね☆(いつでも解除できます^^)