【意外と知られていないバレリーナの切実な悩み!? 元バレリーナ・現女優の草刈民代さん談】

マイナス10歳を「呼吸」で実現☆
美調律ボイス主宰の平井あみです^^

先日、好きでよく拝見している
阿川佐和子さんの朝の対談番組

元世界的バレリーナ、
今は女優として活躍されている
草刈民代さんがゲスト出演
されていました〜♫

なんと!
最近は、女優業だけでなく
歌にも挑戦されているのだとか♡

上のYouTubeでも
その一部を話されていますが、

「バレエ」と「歌」の
呼吸の違い
のお話しなど、

「ええ〜っ??」
と思うものが多く、
とても面白かったです^^♫

バレリーナに腹式呼吸はない?!

草刈民代さん曰く、

バレエを踊る時は、
身体の軸がブレないように


下腹部は絶対ゆるめず、
筋肉をカラダの中心に寄せるように
常に引き締めているそうです。

呼吸の仕方も
腹式ではなく、「胸式」。

そのせいか、
バレエを踊る時と
お芝居や歌を歌っている時の

声の出し方に、
明らかな違いを感じたのだとか!

「声」は筋肉やカラダが緩んでいないと響かない!

確かに、

バレエは「声が無い表現」



胸式や身体に力が入った状態では、
歌やお芝居で必要な
「カラダに響く声」は出ません。

バレエダンサーは
良い声の人が少ない!

と、言っていた
共演者もいたそうです(笑)

美調律ボイスでお伝えしているのは、
カラダをまずユルユルに解し、

深い呼吸・発声につなげていく
大切さと、その簡単・時短なやり方♡

身体ほぐしと発声による調整で
疲れやたるみ、カラダの不調や老化まで
スルッと解消できるのでオススメです♡

「歌」が芝居の幅を広げる!

とことん探求するタイプの
草刈さんにとって、


「歌うこと」は声の可能性や、
芝居の幅を広げることにも
役に立っているのだとか!

感情を届けるのも「声」。

役作りにおいて、
「声の表現」って
欠かせないですものね☆



バレリーナとしてのキャリアと
女優・歌手としてのキャリアの
両方をご経験されてきた
草刈民代さんならではの見解。

「なるほど〜!」
「そうそう〜!」

と聞き入ってしまいました^^♫

「声」もどんどんパワーアップされている
草刈民代さんのご活躍、
ますます楽しみです(*^◯^*)

【無料サービス配信中♡】


イベントやお役立ち最新情報を
いち早くお届け致しますので、
是非ご登録くださいね☆

(いつでも解除できます^^)