【骨盤後傾だとここが困る!〜美ボイス・健康美に欠かせないポイント〜】

こんにちは!

疲れにくい声・カラダづくり
ボイスコンディショニング主宰
からだ美調律®︎上級インストラクターの
平井あみです☆

 

・肩凝り腰痛が慢性化している
・すっきりとしたウエストを手に入れたい!
・足がむくみやすい
・呼吸が浅くて疲れやすい
・ポッコリお腹をどうにかしたい
・声がこもりがちでよく聞き返される

・声枯れしやすい


こんなお悩みありませんか?

これらのお悩み、
実は「骨盤の状態」が原因かも?!

   

ボイス・コンディショニングのレッスンでは骨盤の状態を整えるところからスタートしますが、声帯に負荷をかけず自然に響く良い声を出すにも骨盤の状態はとっても大切!


   

昔の私は「自分の骨盤の状態」について
考える事もなく、


『背筋をピン!と伸ばし胸を張って、重心は足の親指にかけやや前傾姿勢で歌うのが良い!』

と言われた事を信じて歌い続けていました。。。

   

   

その結果、
前腿(もも)は張るは、腰痛になるは、肩は凝るは、声は出ないはで、良い事がありませんでした(笑)

   

さて、皆さんの骨盤は
どのタイプでしょうか?

↓↓↓

実は、骨盤を正しいニュートラルの位置に
保てている人は殆どいないと言われています(汗)

   

 

なんと、日本人女性(40歳以上の女性)の9割以上は、イラスト中央の骨盤が後ろに傾いている「骨盤後傾タイプなのだとか・・・(@_@)

残りの5%の人はイラスト右の前に傾いている「前傾タイプ」となります。

   

骨盤の位置が傾いていると、先に挙げたような腰痛や足のむくみなどの不調が起こりやすくなりますし、声も出しにくい姿勢になるという事。

   

イラストで見ても、骨盤後傾の姿勢では顎も上がり(=喉が詰まる)、猫背になるので肺が潰れて呼吸が浅くなってしまうのが分かりますよね。

  

私も自分が骨盤後傾タイプと気付いてからは、
隙間時間にせっせと「骨盤調整」
するようにしています(笑)    

   

  

そのお陰か、慢性化していた腰痛・肩凝りも軽減!
整体通いからもスルッと卒業できて助かっています♡

  

骨盤の状態は「腹式呼吸」にも影響してくるので、
よかったらこちらもご参考までに!

それでは今日もLet’sボイコン!

「疲れにくい声とカラダ」で
笑顔で日々を謳歌する方が
1人でも増えますように\(^o^)/

    

【無料サービス配信中♡】

\ご登録お願い致します〜!/
友だち追加
\チャンネル登録してね〜☆/ Amusica Channnell(あむじかチャンネル)@Youtube


イベントやお役立ち最新情報を
いち早くお届け致しますので、
是非ご登録くださいね☆

(いつでも解除できます^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA