明るい子守唄ありませんか??


なぜ日本の子守唄は

暗い曲が多いのですか??

 

・・・^^;

 

そう言われれば、
日本の子守唄はどことなく陰があるものが多いですよね。

 

一体何故でしょう?

日本の子守唄には、

「親」が歌うのでなく、
幼くして故郷を離れた「子守り娘」が歌ったものも
実は多いのです。

子守唄
これらは、彼女らが
自分の辛さを歌ったものの為、
歌詞も曲調も暗くなりがち・・・

 

中には恨みをぶちまけたり、
世間を辛辣に皮肉ったものなども
多々見られるとのこと・・・^^;

 

子守唄の歌詞には、

「眠らぬ奴は頭叩く」(五木の子守唄)や、

「まな板のせて青菜のように
ジョキジョキと」(中国地方の子守唄)

 

というものもあるんですって・・・!
(Wikipedia調べ)

 

ちょっと歌うのを
ためらってしまいますね。。。^^;

 

と言う訳で、
今日は【子守唄】を
違った角度から見てみました。

 

子守唄にはこんな背景もあったとは・・・!


是非お子さんに合った子守唄、
見つけてみて下さいね^^