ジャズのスタンダードナンバー「L-O-V-E」から広がる世界

東邦音大エクステンションセンターで
現在開催中の「楽しく学べるジャズ・ヴォーカル♪」
第2回目を迎えました^^

 


「映画や CM で耳馴染みの憧れの曲を楽しく歌う」
をテーマに
約10名程のメンバーで学んでいます。

この日はジャズのスタンダードナンバーとして
世界で愛されている名曲「L-O-V-E」を
皆さんで歌い込みましたよ♫

 

 

NAT KING COLE L-O-V-E

https://youtu.be/JErVP6xLZwg

 

☑︎クラシックとジャズボーカルの違いって??
☑︎アドリブってどうやってアプローチするの??
☑︎ビブラートの使い方って??

 

などのトピックに触れながら
L-O-V-Eを歌いこむひと時^^

 

このクラスでも、この曲ができた背景についてのリサーチが
素晴らしかったです!!(思わず唸りました〜^^)

 

L-O-V-Eの聴き比べ

 

この日、皆さんからシェアしていただいたお薦めL-O-V-E
のバリエーションが豊富だったので、
シェアさせていただきます^^

 

Halie Loren – L-O-V-E

https://youtu.be/LdEN1nNOZvA

 

Gregory Porter – L-O-V-E

https://youtu.be/Z6kXEgvKvhA

Natalie Cole- L-O-V-E
https://youtu.be/9iiio4h60qU

 

受講生の声

 

歌詞のどこまでを、一つの意味を持ったまとまりとして
区切っていくか(フレージング)によって、
表現も変わってきますね。

 

発音のポイントを押さえて、歌詞を歌う(朗読)するだけで、
スウィング感もノリもよくなりますね。

 

今ままでクラシック畑にいたのですが、
ジャズは新しい未知の世界!驚きの連続です。

 

などのご感想いただきました^^

 

 

歌は語れ、台詞は歌え」という言葉があるように、
オペラのように歌い上げるよりも、話すように歌う方が多いのも
ジャズボーカルの特徴ですよね。

 

色んなアレンジや曲の解釈に世界が広がります^^
あなたはどの様にこの曲を歌いますか??

 

たくさん歌って、
より自分らしいL-O-V-Eに出会えます様に!