【寝ても疲れが取れない人の特徴〜頑張りすぎの心身にケアを〜】

頑張りすぎの心身に
ケアを!!

先日の美調律ボイス・セミナー
新しく取り入れた


横隔膜ほぐし
(横隔膜リリース)

セミナー参加後の夜は
深く眠れました!

 

感情による横隔膜の動きの違いに
ビックリでした!

本番前、緊張した時や寝る前に
ほぐしてみます。

と、心身ともに頑張りすぎ(?!)の
皆さんにご好評いただいており、
とても嬉しいです☆

(写真提供:Huglife, Mariko Mibu)

頑張りすぎの心身とは?!

マインドフルネスや
ヨガ、座禅などでも

「呼吸」
重要視されていますよね?!

身体の歪みやリキみが原因で
その「呼吸」自体ままならない
人が多いのが
現代社会。

 

身体がほぐれ、整っていれば、
余分なチカラ(力み)は生まれません。

 

 

頑張りすぎの心身は
寝ている間も力みが抜けない
のが特徴^^;

 

力みは筋肉を硬くし、
肩こりや腰痛の原因だけではなく、
睡眠の質をも下げてしまいます。

(そして、様々な体の不調を引き起こす
という悪循環に・・・)

横隔膜ほぐし(リリース)は
頑張りすぎの心身のケアとしても
オススメです^^

 

✔︎帰宅後も「仕事」が頭から離れない
✔︎パソコンの前で根を詰めて働いている
✔︎作業中、気がつくと息を止めている
✔︎寝ても疲れが取れない
✔︎目や耳を酷使している
✔︎いつも緊張下にいる

 

心当たりがある方は、
横隔膜を要チェック!!

 

 

横隔膜が凝り固まって
呼吸が浅くなっていませんか??

(みぞおち辺りを触って
確かめてみてくださいね)

頑張らないココロとカラダ
眠れるカラダをつくるために

寝ている時も、
起きている時も、

自然体で
リラックスしていたいもの☆

そのためのオススメ法を
いくつかご紹介します^^

 

①腹式呼吸

まず、口から息を吐ききり、
鼻からゆっくりと息を吸う
腹式呼吸を、5回ほど繰り返して
深い呼吸を意識しましょう。

 

②カラダを冷やさない

体が冷えると、血行が悪くなり、
筋肉が緊張してしまいます。

身体を温める
「陽の食べ物」を食事に取り入れて、
体を温めるのがオススメです。

赤身の肉、紅鮭、チーズ、小豆など
赤・オレンジなど暖色系の食べ物

黒砂糖や黒豆など、
黒っぽい食べ物

リンゴやさくらんぼなど
寒い北の地で採れる食べ物

などは身体を温める作用が
あるのでオススメです。(生姜も!)

 

 

③ほぐしエクササイズで
身体の力みを解放!

美調律ボイスでもお伝えしている
横隔膜ほぐしを始めとした
エクササイズは、

無駄な身体の力みを緩めます。

 

「深く眠れない」という方は、
特に、寝る前に「身体ほぐし」を
してみてください。

リラックスした身体で
深い呼吸で眠るのがポイントです☆

 

④音楽でリラックス

<<音楽の癒し効果>>
は有名ですが、

 

音楽には
免疫力をあげたり、
自律神経を整えたり、
ストレスを軽減する効果があります。

 

 

長くなるので
これについては、
別の機会にまた触れたいと思いますが、

 

心音や自然音の入った音楽は
(鳥のさえずり、波の音、雨の音など)

 

心や体に安心感を与えてくれる
セロトニンという物質を分泌させるので
オススメです。

▼▼▼
こちらからも
無料ダウンロードできます

 

質の良い睡眠は
美肌にも繋がるので
ぜひお試しあれ!!

 


【お知らせ】

何かと疲れを溜まりやすくなる
年末年始に向けて

 

呼吸&声改善で
「眠れる身体・美肌づくり」

に特化したワークショップ(レッスン)
を企画しています^^

 

気になる方は
最新情報をチェックしてくださいね☆

【横隔膜ほぐしで声・呼吸改善!痩せ効果も?!】
https://amihirai.com/post-11171/

 

「呼吸が浅くなり息苦しい」には訳があった!
〜横隔膜と感情の密な関係〜

呼吸が浅く息苦しい!! そう感じたことはありませんか? 私は産後、 そのような経験をしました。 最初は、運動不足だからかなぁ・・・ と気楽に考えていたので

 

 

メールマガジンのご登録はこちらから!
▼▼▼

 

「声の悩み」や音楽によるストレス解消法
胎教・育児・プライベート・仕事に役立つ
情報
を週1ベースでお伝えしています。

 

イベントやお役立ち最新情報を
いち早くお届け致しますので、
是非ご登録くださいね☆
(いつでも解除できます^^)